スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |

2011年を振り返っておく。

2012/01/14 Sat 00:31

2012年になって半月経ってしまった。
年末年始のバタバタからやっと解放されたところで2011年を振り返っておきます。

2011年のできごと

・恒例の沖縄旅行(1月)
・一人シンガポール旅行(2泊3日、1月)
・先生の舞台を観に行って、フラシスと意気投合。一気に仲良くなる(2月)
・地震(3月11日)
・地震の翌日は通常通り営業するも、翌々日から約1週間は18時までの短縮営業。(3月)
・ウリウリを始める(4月)
・オーディションのためダイエット作戦(4月)
・怒濤のスタッフ入れ替え(面接13人、入った人7人、辞めた人8人!4月~10月)
・予定されていたプロモーションが地震のため全てキャンセル。(3月~10月)
・フラのオーディションを受け、選ばれる(5月)
・ダイハツKOOZAを2回見る。感動!(5月、7月)
・選抜メンバーでイベント参加(8月)
・34歳になった(8月9日)
・震災後初のプロモーション。キックオフイベントでアメリカ大使館に行けるはずが台風で中止に(泣)(9月)
・iPhone4Sに機種変(10月14日発売日当日)
・初めての一人NY旅行(4泊6日、10月)
・英会話スクールの受講開始(11月~)
・怒濤の年末営業(12月)
・まったく行けなくなってしまった銀フラに終止符(12月)
・年末年始NY研修旅行(6泊8日、12月-2012年1月)


2010年と比べると、仕事三昧だった2011年。
よく働きました。人について悩んだ年でもありました。
現在最大の人手不足につき、水曜日のフラクラスは通えなくなりました。。。12月に卒業。

仲良しフラシスター2人が8月と11月に結婚。
末永く幸せに♥

そして、3回の海外と1回の国内旅行。
飛行機にも良く乗りました。JALのマイレージカードを作ったの。

久しぶりに英会話スクールに通い始める。
やはり教わらないとできないワケで。
今度はマンツーマンです。2ヶ月で30レッスンの集中授業を経て継続を考え中。
1回40分テキストに基づいて会話をするのだけど、
やっているとやはりグラマーが必要なんだなって思う。
大人になってから習う英語は知識が必要なのです。
今年はグラマー強化と、TOEICも受けてみようかなぁなんて思ったりして。

ダイエットについては、2010年に7kg痩せて、2011年はそこからMAXで-4kg、現状では-2kgってとこでしょうか。
でも、足の形がだいぶ良くなった気がします。
4月に通ったリンパマッサージのおかげ。
最初はものすごく痛かったけど1ヶ月続けてだいぶ流れが良くなったの。
今では2,3ヶ月に1回様子を見てもらっていて、でも最初のような痛さはもうありません。
それとウリウリを始めて二の腕が細くなりました♪

職場で人の入れ替わりが激しすぎて、ちょっとゴタゴタしている。
とりあえず人手不足の解消が目下の課題。
でも、飲食というキツイ職業が今の子たちに合ってない気がする。
これはどうすればいいのか…同じ立場の人たちと話しがしたいわ。

立場といえば私は肩書きが「プレスマネージャー」なんですけど
プレス以外のやることがたくさんすぎて全く仕事にならない。
次に名刺を印刷するときは「プレス」の部分を取ってもらおうと思う。

それと…給料欲しいなぁ。。。ここんとこまたもらってない(涙

スポンサーサイト
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(1) |

わたしのしごと。

2011/07/13 Wed 23:50

わたし、もうすぐ34歳。
結婚も、離婚も経験したし
その後恋もしたし
仕事も転々としたし
いろんな人と接して
歳もとって
若かりし頃より視野はだいぶ広くなったと思う。

完璧主義のA型。人一倍正義感が強くて
器用貧乏のためある程度はなんとなくできちゃうタイプ。

「同じ間違いを2度繰り返す者はバカだ」と
小さい頃から母親に教えられ、
人のダメなところが徹底的にゆるせなかった中学校時代
先生に
「おまえみたいにできないやつがいることもわかってやれ」
と言われたりしたけど

いまじゃ仕事で3回教えてできなくても
「まー、そんなこともあるよねー」くらい
言えるようになった。

この職場で4年目。
今じゃアルバイトの面接もするし、一から仕事も教えるし
全体的にみてみんなが楽しく働けるように
いろんな調整役をしています。

ほぼフリーターの我が職場。
飲食店だけど将来的に飲食に携わりたいというサービススタッフはいないし
20代前半~中盤の子たちが多いのが実状。

だから、あたしは
いまこの職場で経験することが
彼女ら、彼らの人生経験に役立つように
体力的にも精神的にも鍛えられてほしいと思う。

飲食のサービスって社会で働くことの基礎要因が多い。
ウチみたいに小さな職場では少人数で息を合わせてする仕事が多くて

それが故の理不尽さだったり
合う・合わないというのはあるんだけど

この半年、入って辞めて、入って辞めてが繰り返されすぎて
さすがに自分に理由があるのではと思うようになってきた。。。

何度注意してもダメなところはダメと言います。仕事だからね。
でもフォローはするし、なんでダメなのか説明もします。

強く言ってわかる子には強く言うし
注意すると凹んじゃう子にはそれとなーく話をしたりします。

アルファベットの筆記体も習ってない”ゆとり世代”の子たちだからでしょうか。
私がここで経験を積んでほしいという気持ちとは裏腹に
“ただのバイト”気分でいるからなのでしょうか。

私にはお店のイメージに合ったレベルを保たなければならないという責任がある
私にはスタッフちゃんたちの人生に役立つ経験をさせてあげたいという思いがある

それは世話好きでおせっかいな私にとって
いい仕事だとも思う。

なのに。

それがどーーにもこーーーーにも空回り

ものすごく厚くて高くて幅の広い壁に
ぶち当たっています。

色々ご意見求む。

真摯に受け止めます。

| 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) |

3/11の記録。

2011/03/16 Wed 20:28

2011年3月11日、金曜日。
この日は仕事がオフで、最近人手不足によりお休みが全く取れていないため
夜のレッスンまでお昼寝をするつもりで16時に目覚ましをセット。

お昼寝の途中で、部屋のセコムの地震速報が鳴る。
この速報はアテにならないので、目は覚めたけどいつものことだと無視していた。

そうしたら、目を見開くほどに今までに経験したことのない揺れ。
隣のリビング、キッチン、玄関で色んなものが落ちる音。
聞いた事の無い部屋中がキシむ音。

開けておいたドアが勝手に閉じようとして慌てて押さえる。
世界が歪んでるんじゃないかと思うほど視界が斜めになる。

玄関に置いてある姿見が倒れた(壁に立てかけてあって、鏡の前には箱が置いてあるのに!)
去年厄払いでいただいた明治神宮のお札が落ちて来た
テレビ台の引き出しが勝手に引き出されてる

壁につかまっていないと立ってられない。
相変わらず部屋中がキシむ音。


テレビは地震報道番組に切り替えられていて
慌ててPCを灯し、揺れで勝手に抜けちゃった無線機器を戻し、Twitterにアクセス。
同時に母親に電話。でも携帯つながらない。


地震発生後最初のつぶやき
「うあーーーーーーー怖かったぁぁぁ!!!!」(14:59:08)


地震発生は14:46頃とのこと。
震源は東北地方太平洋沖。最初の段階でマグニチュードは7.9(後日8.4、8.8、9.0と複数回に分けて修正)
即座に津波警報ならぬ 津波警報が出される。


報道はまず東京周辺が映されていた。
皇居・新橋・汐留・お台場…とヘリが映し出す中で東京テレポートあたりのビルが火災であることがわかる。

テレビを見ながら何度も大きな余震に耐え
大きい揺れの時は玄関のドアを開けに行った。

TwitterでTosseyさんとつながっていられたのが何よりの救いだった。

母とは地震から45分くらい経ってやっと連絡が取れた。声が聞けて一安心。

次に心配なのはお店で、ただ外に出て大丈夫なのかが不安。
しかし電話が全くつながらず、どうしようもないので
階段で10階から1階に降りて、歩いてお店へ。

お風呂にも入ってないし、メイクも最低限。とりあえず皆の無事を確かめに行こうと思った。

お店に着くと、店内の電気を消して、みんな逃げれる体制でいた。営業はクローズ。
地震当時いたお客さんは全て帰ってしまい、地震後にいる場所の無い方が何人かいらっしゃっていた。

スタッフの子がワンセグで仙台空港が水浸しになる映像を見てた。

お昼寝用のアラームが鳴った。


揺れも落ち着いて来て、渋谷にいた社長も歩いて帰って来た。
メニューは用意できないけれど、外にいたお客さんをとりあえず中に入れようと言って
中に入れるとすぐに、どんどんお客さんがやってきた。

電車が止まっているしビルから出されてしまって、行き場の無い人がいっぱいいた。

火を使うのは怖かったので喫茶メニューのみで営業。
まだスタッフたちがまかないの休憩を回す前に地震が起こったので、お店を開けたら混んでしまうと予想できなかったあたしは皆に申し訳ないと思った。きっと精神的にもショックを受けていただろうに、忙しく働かせてしまった。
本当にゴメン。

そんな中、近くのレスポートサックの店舗でレセプションパーティが開かれるのに
グラスが割れてしまったので助けてください、と焦ってやってきた制作会社さんがいた。
シャンパン用のフルートグラスをあるだけ貸してください、と。
しかしウチのでは数が少なかったので、昔パーティに使ってたシャンパングラスをあるだけ貸した。

そんなことをしてたら突然兄が歩いて来た。

こんなとこに、こんな時に来るとは全く思ってないのに
遠くに見つけた瞬間、兄だとわかった。肉親とはそういうものなのでしょうか。

渋谷で打ち合わせをしてたそうでとりあえずここまで歩いて来たという。
よかった、お前がいて。と言われ、ちょっと泣きそうになった。

とりあえず兄も店内に座らせて、しばらくしたら満席になってしまった。

こんな時でもあたしはフラのレッスンに行こうと思い、
駒沢まで自転車で行こうとするが、お店を出る直前にレッスン中止の連絡網が回って来た。
冷静に考えるとそりゃ中止なんだけど、変なとこで根性を見せようと思ってしまった。

その後ニュースで今日は電車が動きそうにないことを知る。
結局、ハムとレタスとトマトの簡単なサンドイッチだけ用意しようということになり
希望のお客様に出した。

このときオーダーを取っていて思ったのは、
すごい地震があって電車が止まってていつ帰れるか、今日帰れるかもわからないからとりあえずサンドイッチを食べておこう、という人と
あー、別に大丈夫です。という人がいて、
大丈夫ですと断る人はほとんどが若い子。常にオールとかしてそうな女の子たちだった。

私自身はものすごく心配性だし、いろんな可能性に備えたいタイプなので
サンドイッチ食べますか?と聞かれたら絶対はいと答えるのに。
こんな先の見えない状況でも笑って普通に世間話ができてサンドイッチいりませんと言う人や
お酒を飲む人が結構いることが新鮮だった。


携帯電話が通じないので、連絡を取る人はお店の前の区役所出張所にある公衆電話を使っていた。
こういうときのために公衆電話ってやっぱり必要なんだ。
いつもはきっかり17時で鍵を閉めて帰って行く役所の職員の人たちなのに
この日はいつまでも明かりがついていた。

その公衆電話も、地震の揺れで根元のコンクリートが浮き上がってしまい
斜めになっていた。地震の影響をかなりリアルに表現していた。

お客様はだんだんと退店し始める。
連絡が取れて行く場所を見つけたり、歩いて帰る覚悟を決めてる様子。

22時前には全てのお客様が退店されたので、少し早いけどお店をクローズ。
スタッフが何人かお店に泊まった。

原宿は22時を過ぎても道路は大渋滞、歩道は人でいっぱいだった。


渋谷区周辺の最大震度は5強だったみたい。
長い一日だった。


この日のつぶやき(Twilog)


| 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) |
2011年 明けましておめでとうございます。

大晦日から今日まで実家に帰り
元旦はお昼過ぎから兄家族も集まってにぎやかなお正月でした。

P1011323.jpg


P1011344.jpg

我が家のお雑煮は白みそ。
関東なのに珍しいとよく言われますが
これをいただかないとお正月が来ません。


IMG_2501.jpg

ロイドもお屠蘇をいただいて(嘘


IMG_2443.jpg

あとは寝正月(いつもだけど


今年は母が6回目の年女。
実家に帰れば楽しい話ばかりではありませんが
普段好き勝手させてもらってるのだから、たまには孝行しないとねー。


では、明日からお楽しみ旅行なので準備にとりかかります
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |

髪の変遷 '10

2010/12/31 Fri 12:27

写真を見返してたら面白かったので。

IMG_1091.jpg

2月の舞台後にバッサリ切った。


IMG_1914.jpg

9月。エクステつけてスーパーすぎるロングに。


IMG_1978.jpg

10月の舞台が終わって10cmくらい切る。


IMG_2384.jpg

今日。地毛でここまで伸びました。

10ヶ月で肩上から肩甲骨まで。
このペースで伸びれば来年はロングになれるかなー。

頑張って伸ばしまーす。


| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。